トップ 遺品整理業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

遺品整理業者ナビ > 遺品整理と併行して行う手続き

遺品整理と併行して行う手続き

その他の遺品整理

以上が主なものですが、遺族が故人の死後すぐに行わなければならない手続きは他にもあります。 その1つ目は“世帯主の名義変更”です。 亡くなったのが世帯主の場合には、まず14日以内に住民票のある市区町村役場において“世帯主の名義変更”を行わなければなりません。 2つ目は、毎日の生活を維持するのに欠かせない電気・ガス・水道・電話などの名義変更です。 これらの公共料金を故人の口座から引き落としていた場合には、すぐに電話連絡して名義変更を完了させる必要がありますが、領収証や使用料

遺品整理と併行して行う手続きの記事

遺品整理と併行して行う手続きのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

その他の遺品整理

その他の遺品整理

以上が主なものですが、遺族が故人の死後すぐに行わなければならない手続きは他にもあります。 その1つ目は“世帯主の名義変更”です。 亡く・・・


確定申告

確定申告

殆どの給与所得者は、事業主が行う年末調整によって所得税額が確定して納税も行われるために確定申告の必要はありませんが、生前に故人が事業を営ん・・・


健康保険・年金

健康保険・年金

私たちが医療費の負担を軽くするために加入している“健康保険”は、生きている時に負ったケガや病気を対象にしたもので生命保険のように死亡時の受・・・


金融機関口座

金融機関口座

日本では公共料金や、さまざまな支払いが郵便局や銀行の預金口座から引落しされるようになって、社会人としていずれかの金融機関に口座を開設すると・・・


各種保険

各種保険

保険というのは金融口座とは違って、契約者か受取人になっている契約者の家族が保険会社に保険金の支払請求をしなければなりません。 そこで故人が・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 食器類の場合

衣類同様に遺品の中には、故人が趣味で集めていたり愛用していた食器類もたくさんあるでしょう。 これらも、箱がきれいでお店で売っている状態に近ければリサイクルショップで比較的高く買い取ってもらえますし、箱が汚れていたりなかったりしてもブランド品であればリサイクルショップに持ち込んだり、ネットオークションに出品して予想以上に高く売れることがあります。 もちろん条件としては“新品同様”、あるいは“未使用品”であるに越したことはありませんが、少しくらいキズがあったり金彩の剥げがあった

遺品整理業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。