トップ 遺品整理業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

遺品整理業者ナビf遺品整理のさまざまなケース > 車・バイクの場合

車・バイクの場合

車・バイクの場合の画像

では次に、遺品別の整理の仕方を見てみることにしましょう。

まず故人名義の“車”を廃車したい場合には、買取業者に引き取ってもらって相続手続きなども含めてやってもらうか、あるいは相続する権利のある人が一旦相続して手続きを済ませ、そのあとで廃車の手続きを行うといういずれかの方法があり、手っ取り早くて確実であることから一般には、前者のように買取業者に売却して処理を任せるという方法がとられることが多いようです。

ただし買い取りの対象とならないような車の場合は、相続人が廃車の費用をもたなければならなくなるので相続によってかえって負担がかかることになりますが、この場合は相続人自身で所定の手続きを行うことで費用を節約することができます。

手続きは管轄の陸運局で行い、車の廃車に必要な書類に“遺産分割協議書”、被相続人と相続人全員が確認できる“戸籍謄本”、相続する権利のある人の“印鑑証明書”、相続人に未成年者がいる場合には“住民票”を加えて提出し、車を相続人が引き取る場合にはこれらの書類に車の名義変更に必要な書類を提出するようになります。

ちなみに“遺産分割協議書”というのは被相続人の名前、死亡した日付、相続人全員の住所・氏名・続柄・実印による捺印、相続する人の氏名、登録番号、車台番号が記入されていれば特に書式は問われませんが、最近ではインターネットで探せばサンプルを簡単にダウンロードして使うことができます。

次に“バイク”の場合は、家族でも代理人でも簡単に廃車手続きをすることができます。

そこで相続するにせよ廃車するにせよ、車同様に管轄の陸運局に“ナンバープレート”、ナンバープレートの交付を受けた際にもらった“標識交付証明書”、“印鑑”、“廃車申告書”などの書類を提出して一旦廃車手続きを行い、相続する場合にはその後で名義変更を行います。

買い取りを希望する場合には、インターネットでオンライン買取査定を行っている業者であれば名義変更の手続きもひっくるめてやってくれるところが多いので利用すると便利です。

遺品整理業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 遊月堂 千葉県浦安市海楽1丁目9−1 電話047-380-0375
    • 有限会社山田商会 長野県大町市大町宮田町5422 電話0261-22-1806
    • アンク 大阪府枚方市西禁野2丁目46−9−11 電話0120-929807

今日のお勧め記事 ⇒ 物に関する思想【その1】

昔から、一般的な日本人の家庭には仏壇と神棚の両方があり仏像を拝みながら神棚にも手を合わす"重層信仰(シンクレティズム)"が行われていました。 仏壇や神棚は減ってきましたが、現代でも結婚式は神式、仏式、教会式と自由に選ぶことができたり、子供が生まれると神社に参り、死ぬとお寺でお葬式を行うというように信仰の対象が一貫していないことから、自らを特定の神のしもべであると考える他の国々の人から見ると日本人の信仰心は希薄であると感じられるようです。 このような背景から、日本は無宗教国で

遺品整理業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。