トップ 遺品整理業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

遺品整理業者ナビ > 遺品整理

遺品整理

遺品整理業者

遺族にとっては故人の思い出の詰まった品々を粗末に扱うことはできませんが、そのような時に遺族の気持ちを理解して力になってくれるのが“遺品整理業者”です。 “遺品整理業者”には形見分けを終えて残った遺品の中から価値のある品物を見つけて買い取り、それを転売する業者や、遺族は何もしなくても部屋の中にある遺品をすべて持ち帰って自社で分別作業を行う業者などがありますが、一切合財きれいに処分してもらう場合は軽トラック1台で5万円前後の費用がかかるようです。 故人の住んでいた住宅を売却する

遺品整理の記事

遺品整理のカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

遺品整理業者

遺品整理業者

遺族にとっては故人の思い出の詰まった品々を粗末に扱うことはできませんが、そのような時に遺族の気持ちを理解して力になってくれるのが“遺品整理・・・


遺品の廃棄

遺品の廃棄

“廃棄物処理法”では、“自ら利用したり、他人に売ったりできないために不要になったもので固形状または液状のもの”、たとえば一般ごみや粗大ごみ・・・


遺品整理の時期

遺品整理の時期

遺族にとって、故人の遺品整理は精神的にも肉体的にも大仕事です。 そこでよく「遺品の整理は四十九日の法要が終わって一段落してから 」と言われ・・・


物に関する思想【その2】

物に関する思想【その2】

神道同様に仏教でも、針供養、包丁供養、ペット供養、カード供養、筆供養、印章供養さまざまな供養が行われています。 けれども"物に執着しない"・・・


物に関する思想【その1】

物に関する思想【その1】

昔から、一般的な日本人の家庭には仏壇と神棚の両方があり仏像を拝みながら神棚にも手を合わす"重層信仰(シンクレティズム)"が行われていました・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 物に関する思想【その1】

昔から、一般的な日本人の家庭には仏壇と神棚の両方があり仏像を拝みながら神棚にも手を合わす"重層信仰(シンクレティズム)"が行われていました。 仏壇や神棚は減ってきましたが、現代でも結婚式は神式、仏式、教会式と自由に選ぶことができたり、子供が生まれると神社に参り、死ぬとお寺でお葬式を行うというように信仰の対象が一貫していないことから、自らを特定の神のしもべであると考える他の国々の人から見ると日本人の信仰心は希薄であると感じられるようです。 このような背景から、日本は無宗教国で

遺品整理業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。