トップ 遺品整理業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

遺品整理業者ナビ相続の基礎知識と遺品について > 形見分け

形見分け

形見分けの画像

故人によって遺されるものには、相続税の対象となる預貯金や不動産、それに貴金属や宝石、絵画、骨董品などのほかにも、相続税の対象とならないたくさんのものがあります。

このような故人が生前に愛用していた品物を遺族や知人、友人などに譲ることを“形見分け”と言い、この習慣にはいくつかのマナーがあります。

まず1つ目は形見分けの“時期”ですが、どの宗教の場合も服喪期間が終わってからということで、仏式では三十五日あるいは四十九日の忌明けの法要後に、神式では三十日祭あるいは五十日祭後に、キリスト教では一ヶ月後の召天記念日を終えてから行うことが多いようです。

2つ目は“贈る側の心得”です。

“形見分け”というのはそもそも親のものを子供に、兄や姉のものを弟や妹にというように立場的に上の者から下の者へ譲るという意味合いの強いものですので、どんなに価値のあるものであっても故人よりも目上の人に贈るのはタブーとされています。

そして、遺品というのは自然に故人の存在を思い起こさせるものであることから、それを身近において故人を偲びたいという気持ちを強くもっている人に贈るようにしましょう。

「いただいたものの捨てるわけにもいかないので、とりあえずどこかにしまっておくことにしようか……」、などと相手の心に負担をかけたり、価値のあるものでも贈与税の対象となるようなものを贈ったりするのは避けるようにしなければなりません。

実際に手渡す際には、「遺品」と表書きをして普通の贈りもののように箱に入れたり包装したりしないで、半紙などにくるむだけにして後であいさつ状を送るようにします。

3つ目は“贈られる側の心得”です。

遺族から形見分けの申し出があった場合には、特別な理由がない限り受け取るのがマナーとされています。

けれども、一旦譲り受けたらたとえ気に入らないものであってもそれを第三者に譲ったり換金したりするのはタブーとなっているので、大切に使う自信のない場合には「お心遣いありがとうございます、色々迷ったのですが手元においておくと日に日に悲しみが募ってきそうな気がして……、お気持ちだけを有難く受け取らせていただきます……」などと、遺族に不快感を与えないような言い回しで丁寧に辞退しておく方が良いでしょう。

遺品整理業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 遊月堂 千葉県浦安市海楽1丁目9−1 電話047-380-0375
    • 有限会社山田商会 長野県大町市大町宮田町5422 電話0261-22-1806
    • アンク 大阪府枚方市西禁野2丁目46−9−11 電話0120-929807

今日のお勧め記事 ⇒ 遺品の整理

形見分けが終わったら、遺族には次は残った"遺品の整理"という大仕事が待っています。 他人にはつまらないもののように見えても遺品の一つ一つが故人にとっては思い出のある大切なもので、これらを家族に整理してもらいながら生きていた頃のことを懐かしく語り合ってもらえたら、故人はどんなにか喜ばれることでしょう。 けれども、家族にとっては愛する人を失った悲しみが癒えないうちにもう一つ大きな課題を与えられるわけで、心も体もボロボロになってしまいそうになる人も多いようですが、気力を振り絞って

遺品整理業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。