トップ 遺品整理業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

遺品整理業者ナビ相続の基礎知識と遺品について > 相続税

相続税

相続税の画像

これらの金銭的価値のあるものにはすべて"相続税"かかります。

そこで、相続人としては被相続人が亡くなるとすぐに被相続人の銀行口座から引き下ろし、相続税がかかる前に残高をゼロにしておきたいという気持ちが当然起こってきますが、相続が発生したという情報を銀行側が予め得ている場合には簡単に引き下ろすことはできません。

また銀行側がその時点で相続が発生していることを知らず、相続人が被相続人の預貯金を引き下ろせたとしても、事実が発覚した時点でそのお金は相続開始時の被相続人の手持ち現金とみなされて相続税が徴収されることになります。

いずれにしても、相続が発生すると税務署から銀行などの金融機関に相続直前のお金の動きに関する調査依頼がなされ、抜け駆けができないしくみになっているようです。

"相続税"と言えば、以前テレビで「親から相続した膨大な土地や建物のために破産して無一文になり、不幸な事件が起こってしまった......」ということが報じられていました。

一瞬、「大金持ちになったというのなら分かるけどどうして破産?」と思ってしまいそうですが、実は相続税は一般の税金と同じように"現金による一括納付"が原則となっているために、膨大な財産を相続する場合には同時に膨大な相続税を現金で納付する義務が生じてくるのです。

また"相続"は一般には、人の死によって発生しますが、"生前相続"という制度もあります。

これまで日本では、親が子供に生前贈与するということは殆どありませんでした。

それは、年間の基礎控除額が110万円でそれを超えると控除後の残高が200万円以下の場合にはその10%を、300万円以下では15%、400万円以下では20%、600万円以下では30%、1000万円以下では40%、1000万円超の場合には50%というように相続税よりもかなり高い税金を国に納めなければならなくなるからで、贈与を繰り返して相続税から逃れようとする人が増えるのを防止するのが狙いであったようですが、金融資産の約50%を60才以上が保有していると言われる日本ではこうして親世代の資産が凍結されることが景気の低迷に結びついていると考えられるようになりました。

そこで平成23年には贈与税の改正が行われ、結果的には相続税は増税、贈与税は減税されることになり"生前相続"の道が大きく開かれることになりました。

遺品整理業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

今日のお勧め記事 ⇒ その他の遺品整理

以上が主なものですが、遺族が故人の死後すぐに行わなければならない手続きは他にもあります。 その1つ目は“世帯主の名義変更”です。 亡くなったのが世帯主の場合には、まず14日以内に住民票のある市区町村役場において“世帯主の名義変更”を行わなければなりません。 2つ目は、毎日の生活を維持するのに欠かせない電気・ガス・水道・電話などの名義変更です。 これらの公共料金を故人の口座から引き落としていた場合には、すぐに電話連絡して名義変更を完了させる必要がありますが、領収証や使用料

遺品整理業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。