トップ 遺品整理業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

遺品整理業者ナビ相続の基礎知識と遺品について > 相続

相続

相続の画像

亡くなった人の財産が引き継がれることを"相続"と言いますが、この場合亡くなった人を"被相続人"、子供や妻、兄弟、姉妹といった一定の関係にあって被相続人の財産を引き継ぐ法律上の資格をもつ人を"相続人"と言います。

そして、民法で定められている優先順位に従って遺産相続が行われることになり、相続第1順位は配偶者と被相続人の直系卑属(血族)にあたる子供や養子、孫、ひ孫、内縁関係にある配偶者の子供が、第1順位がいない場合には被相続人の直系尊属にあたる被相続人の父母や祖父母が相続第2順位に、第2順位もいない場合には被相続人の兄弟、姉妹が第3順位の相続人に、そして兄弟姉妹が亡くなっている場合にはその子供に相続権が与えられることになります。

内縁関係の配偶者には相続が認められていませんが、被相続人と血族関係にあるその子供には(実子の1/2ではありますが)相続が認められていることからも、相続に血のつながりがいかに重視されているかが分かりますね。

ところで被相続人から相続人へ引き継がれる財産は、"遺産"あるいは"相続財産"と呼ばれていて、これにはお墓、位牌、永代供養代金、香典、仏壇などの"非課税財産"、土地や建物、預金、有価証券、現金、生命保険金、退職手当金、売掛金、貸付金、小切手、手形、債権、株式、著作権、電話加入権、ゴルフ会員権、借地権、借家権、絵画、自動車、船舶、絵画、宝石、家具、骨董品などといった"プラスの要素の強い財産"、借金や連帯保証債務、買掛金、未払いの固定資産税や所得税、住民税、事業税、未払いの国民健康保険料や国民年金保険料、未払いの医療費などといった"マイナスの要素の強い財産"、の3種類があります。

そして、3つ目のようにマイナス要素が強い財産を引き継ぐ立場になった場合、相続人は"相続放棄"することもできます。

これによってプラスの財産を相続することができなくなりますが、手に負えないほどのマイナスの財産を引き継いで一生を棒に振るなどという最悪の事態を回避することができるようになります。

遺品整理業者ナビのおすすめ業者一覧はこちら。

    • 遊月堂 千葉県浦安市海楽1丁目9−1 電話047-380-0375
    • 有限会社山田商会 長野県大町市大町宮田町5422 電話0261-22-1806
    • アンク 大阪府枚方市西禁野2丁目46−9−11 電話0120-929807

今日のお勧め記事 ⇒ 車・バイクの場合

では次に、遺品別の整理の仕方を見てみることにしましょう。 まず故人名義の“車”を廃車したい場合には、買取業者に引き取ってもらって相続手続きなども含めてやってもらうか、あるいは相続する権利のある人が一旦相続して手続きを済ませ、そのあとで廃車の手続きを行うといういずれかの方法があり、手っ取り早くて確実であることから一般には、前者のように買取業者に売却して処理を任せるという方法がとられることが多いようです。 ただし買い取りの対象とならないような車の場合は、相続人が廃車の費用をもた

遺品整理業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。