トップ 遺品整理業者ナビについて 相互リンク お問い合わせ 無料掲載について サイトマップ

遺品整理業者ナビ > 相続の基礎知識と遺品について

相続の基礎知識と遺品について

遺言書

“遺言書”には被相続人が自筆で作成する“自筆証書遺言”、公証役場で二人以上の証人の立ち会いのもとに口頭で遺言内容を告げたものを証人が記述する“公正証書遺言”、遺言の内容を秘密にしたままでその存在のみを公証人に証明してもらう“秘密証書”、危篤状態や伝染病で隔離された状態などの被相続人が証人立ち会いのもとに行う“特別方式”の4つの種類があります。 そして本来なら本人の意思に基づいて本人によって作成されたものでなければなりませんが、偽造や改ざんをされるリスクが常に付きまとうために

相続の基礎知識と遺品についての記事

相続の基礎知識と遺品についてのカテゴリーには以下の記事がリストされています。

ぜひご覧ください。

遺言書

遺言書

“遺言書”には被相続人が自筆で作成する“自筆証書遺言”、公証役場で二人以上の証人の立ち会いのもとに口頭で遺言内容を告げたものを証人が記述す・・・


形見分け

形見分け

故人によって遺されるものには、相続税の対象となる預貯金や不動産、それに貴金属や宝石、絵画、骨董品などのほかにも、相続税の対象とならないたく・・・


遺品の整理

遺品の整理

形見分けが終わったら、遺族には次は残った"遺品の整理"という大仕事が待っています。 他人にはつまらないもののように見えても遺品の一つ一つが・・・


相続税

相続税

これらの金銭的価値のあるものにはすべて"相続税"かかります。 そこで、相続人としては被相続人が亡くなるとすぐに被相続人の銀行口座から引き下・・・


相続

相続

亡くなった人の財産が引き継がれることを"相続"と言いますが、この場合亡くなった人を"被相続人"、子供や妻、兄弟、姉妹といった一定の関係にあ・・・


今日のお勧め記事 ⇒ 車・バイクの場合

では次に、遺品別の整理の仕方を見てみることにしましょう。 まず故人名義の“車”を廃車したい場合には、買取業者に引き取ってもらって相続手続きなども含めてやってもらうか、あるいは相続する権利のある人が一旦相続して手続きを済ませ、そのあとで廃車の手続きを行うといういずれかの方法があり、手っ取り早くて確実であることから一般には、前者のように買取業者に売却して処理を任せるという方法がとられることが多いようです。 ただし買い取りの対象とならないような車の場合は、相続人が廃車の費用をもた

遺品整理業者ナビについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。